3種類!あなたに合った株式投資の稼ぎ方【お金は安全に増やす】

お金持ちになる方法

株式投資を始めると決めたけど

稼ぎ方がわからない。

どんな方法があるの?

 

そもそも9割の人が負けると

聞いたけど誰でも稼げるの?

 

株を始めたばかりで不安。

稼げる投資家になるには

何をすればいいの?

 

上に書いたように
株を始めたけど稼ぎ方がわからない。
そんな人に向けて記事を作成しています。

 

本記事の内容

  • 株を使った3種類の稼ぎ方
  • 株の稼ぎ方は自分で決める
  • どの稼ぎ方も勉強しないと損します

 

この記事を書いている私は
株式投資を初めて5年目です

しかも1年単位で見ると
損をしたことがない実績があり
一般の人よりは株式投資に詳しいです

こんな私が株式投資の稼ぎ方について
説明していきます

 

株を使った3種類の稼ぎ方

株式投資を通じてお金を稼ぐ方法は

大きく分けて以下の3種類です。

  • 「配当」で稼ぐ
  • 「株主優待」で稼ぐ
  • 「値上がり益」で稼ぐ

それぞれ説明していきます。

 

配当で稼ぐ

配当とは「企業が稼いだ利益を株主に対して還元するもの」です。

簡単に説明すると、株を持っていたら年に1回か2回、企業がお礼にお金をくれるという制度です。

1株当たり○○円という形で表示されており、企業によって金額は異なります。

このように株を所有することで利益を得る方法が「配当」で稼ぐという方法です。

 

2020年10月において日本たばこ産業(JT)の配当は1株あたり154円とされています。1株の値段が約2000円なので2000円出すと、年間に154円もらえるというような感じです。

また、配当利回りは「配当金/株価」で計算でき、JTの場合は154/2000×100=7.7%となります。

ちなみに日本に上場している企業の平均的な配当利回りは約2.4%です。

預金していると、年間0.01%しか利子がつかないことを思うと株って儲かるんだなあと感じる人も多いかもしれませんね。

ただし、株価が下がると、損する可能性もあるので注意が必要です。

※利回りとは投資に自分が使ったお金に対して1年間でどれだけ稼げるか計算した指標です。100万円投資に入れて101万円になったら年間利回り1%というような感じです。

 

株主優待で稼ぐ

株主優待とは「株を所有することで自社製品や商品券などを受け取れる制度」のことです。

株を所有することで利益を得るのは配当と同じですが、現金ではなく製品や商品券、サービスの割引券などで支払われることが多いです。

よく使うお店の株を購入することで商品券がもらえたり、飲食店の株を購入して無料で食事をするなど、稼ぐというよりは楽しむための投資法と言えます。

現金でもらえないのは残念ですが、配当に比べて利回りが高くなることもあるのが株主優待の良いところです。

 

2020年10月において吉野家ホールディングスの株主優待は株を100株保有していると、6000円分のお食事券がもらえます。株価は約2000円なので20万円で株を100株買うと6000円のお食事券がもらえます。

優待利回りを計算すると、6000円/20万円×100=3%です。

少し低いように感じるかもしれませんが、配当利回りの平均は2.4%なのでそれよりは高くなっています。

※配当と株主優待をどちらも行なっている企業もあります。例に挙げた吉野家ホールディングスは株主優待に加えて、1株あたり10円の配当を出しています。つまり、配当と株主優待の合計利回りは3.5%となります。

 

値上がり益で稼ぐ

値上がり益とは「買った時の株価より高い株価で売れた場合の差益」のことです。

簡単に説明すると、10万円で買った株が15万円で売れると5万円の儲け!というような感じです。

値上がり益で稼ぐためには「配当」や「株主優待」とは異なり、株を所有するだけでなく売買する必要があります。

また、儲けるためには、出来るだけ株価の上昇が期待できる企業の株を安く買うことが大切です。

 

いきなりステーキでおなじみの株式会社ペッパーフードサービスの株価は2011年では74円だったのが、2019年には3255円まで上がりました。単純に計算すると約44倍です。

ここまで極端に儲かる例は少ないかもしれませんが、2-3年で株価が2倍から3倍になる会社はたくさんあります。

年間利回りを計算すると20-200%くらいを目指して投資するのが現実的です。

 

株での稼ぎ方は自分で決める

株式投資における3種類の稼ぎ方を簡単に説明しました。

 

色々な稼ぎ方のある株式投資ですが、株を始めたばかりの場合はどの方法で稼ぐかを最初に決めるべきです。

 

なぜなら稼ぎ方によって、株の選び方や勉強すべき内容が全く異なるからです。

 

私が株を初めた頃、勉強のために本やネットを見ると、人によって言っている事が全く違うことに悩んだ経験があります。

 

同じ事について、良いと言っている人もいれば、悪いと言う人もいたのです。

 

でも、経験を積み、たくさん勉強することで色々な人の主張が異なっている理由は稼ぎ方の違いであったことがわかりました。

 

最初からこのことに気づいていれば、勉強期間をかなり短くできたと思っています。

 

ただ、稼ぎ方を1つに絞ると稼げる額が小さくなったり、自分に合わない稼ぎ方を選んでしまったらどうしようと思う方もいるかもしれません。

 

もちろん、全ての稼ぎ方を理解することは将来的に必要かもしれませんが、「合わない稼ぎ方を選んでしまったな」と感じたらそこから変えれば良いのです。

 

また、どの稼ぎ方も自分の使える資金や期間によっては数百万円以上稼ぐことができるので、稼げる額については問題ないと思います。

 

だからこそ、自分が初心者だと思う場合は始めに稼ぎ方を決めることを強くオススメします。

 

結果的に最終的な勉強期間は短く、儲ける額は大きくなると確信しています。

 

稼ぎ方の決定は株でどうなりたいかを考える

じゃあ、自分はどの稼ぎ方を選べば良いの?と悩む人もいると思うので投資経験5年の私が個人的に考ました。

 

自分がどれに当てはまるか考えてみましょう。

 

また、稼げる額についても説明しているので、そこから選んでも良いと思います。私は儲けるために株を始めたので。笑

 

配当で稼ぐが向いている人

  • 損したくない人
  • 忙しくて時間がない人
  • とりあえず投資を始めたい人

年間利回り3%以上が高配当株と呼ばれることが多く、2020年の配当利回りランキングでは約7.8%が最高でした。

つまり、配当で稼ぐの場合は100万円投資すると年間で3万円から7.8万円くらい儲けることが可能ということになります。

利益は欲しいけど損はしたくない。銀行にお金を眠らせおくのはもったいないと感じる人にオススメです。

 

優待で稼ぐが向いている人

  • 割引や無料が好きな人
  • 生活を充実させたい人
  • 好きな企業を応援したい人

優待で稼ぐ場合は現金が増えるわけではなく、好きな商品やサービスが割引になったり、もらえたりするので生活を充実させたい人にオススメです。

稼げる金額に換算すると利回りは配当と同程度になります。

 

値上がり益で稼ぐが向いている人

  • お金が少ない人
  • 本気で勉強できる人
  • 早く大金を稼ぎたい人

値上がり益で稼ぐ場合、2019年から2020年にかけて株価が3倍になった企業は約40社ありました。

上場企業の数は約3700社なので適当に選んでも1.08%の確率で3倍にできたことがわかります。

これら銘柄を選ぶことができていれば、100万円投資すると年間で200万円くらい儲けることが可能ということになります。

小さな資金×短期間で大儲けしたい人にオススメです。

 

株は意外と稼げない?

ここまで読むと、「株って、意外と稼げないんだね。」と思うかもしれません。でも、よく考えると1年で3倍になるなら2年で9倍、3年で27倍です。100万円で始めたなら2700万円になります。

このようにだんだん儲かる金額が増えていく仕組みを「複利」といいます。「複利」を利用することですごい金額を稼ぐことができるので、気になる人はこの記事でも読んでみてください。

「複利の力」を解説。それはお金持ちになるための、人類最大の発明!
「複利の力」を説明できますか?「複利の力」で実際に自分がどれくらい稼げるか知りたくないですか?この記事では複利についての説明と複利を使って実際にどれくらいのお金が稼げるのか。具体的に複利をどのように使うのかについて解説しています。お金持ちになりたい人は必見の記事です。

 

どの稼ぎ方も勉強しないと損します

自分がどの稼ぎ方に興味があるか、決定しましたか?決定した場合はその方法について勉強を始めましょう。

 

勉強しないで株を選んで取引を始めると確実に損をします。豪華客船も船を運転したことがない人を船長にしたら沈むのと同じです。

 

実際、私も株を初めてすぐのとき、訳も分からないまま数種類の株を購入し、10万円ほど損をしました。そのことがきっかけで猛勉強することになったので今となっては良い思い出ですが、皆さんはそんな思いはして欲しくありません。

 

今では過去5年間、赤字を出していない私からすると、株式投資で9割の人が負けるという話も9割の人が勉強をしていないからだと思っています。

 

だからこそ勉強をしてから株を初めて欲しいと考えています。

 

具体的な方法として以下のステップで進めてみてください。

  1. 株式投資の大枠を掴む
  2. 選んだ稼ぎ方に特化した方法を学ぶ
  3. 実践し、振り返る
  4. 分からないことは誰かに聞く

 

私からも始めの1歩として大枠を掴むためのオススメ本を紹介します。

株初心者にはオススメの本3冊で十分です。こちらで厳選致しました。
株の勉強をするときにどんな本から読めばいいか知りたくないですか?この記事では全くの株の初心者に向けておすすめの本を厳選3冊だけを紹介しています。株の基礎知識を学び,株式投資を始めたい方は必見の記事となっています。

 

選んだ稼ぎ方に特化した勉強ついては別の記事にて解説していく予定なので、更新をしばらくお待ちください。

分からないことあればツイッターのDMやブログのコメントをお待ちしています。

今後ともよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました