SBI証券口座開設方法を説明。NISA等、設定わからない人必読

オススメの証券会社は

SBI証券って聞いたけど

口座の開設について

設定とかよくわからない!

上記のように

口座開設をしようと考えたのに

NISA口座や特定口座など

よくわからない言葉が多くて

面倒になってしまった人のために

記事を書いています

 

この記事では

申し込み画面の画像を使いながら

どの設定を選ぶべきか具体的に説明します

皆様の口座開設の力になれば幸いです

 

事前準備しておくもの
  • マイナンバーカード
  • 銀行口座の情報 (通帳があればOK)
  • 勤め先の住所/電話番号

マイナンバーカードがない場合は

通知カード+顔のわかる本人確認証

で、問題ありません。

 

これらを準備していない場合

申し込み手続きの途中で

探すことになります

 

すると、時間切れを起こして

情報の入れ直しなど

面倒なことになりますので

必要なものは準備しておきましょう

 

SBI証券の口座開設方法を説明

では、口座開設を進めていきます。

まずは、こちら(SBI証券口座開設ページ)を

クリックしてください。

 

すると、ページが開くので中央下にある

「口座開設へ進む」をクリックしてください

 

次に自分のメールアドレスを入力して

「メール送信」をクリック

メールアドレスに届いた認証コードを入力

「次へ」をクリック

 

次のページでは以下を情報を入れます。

  • 移住地国の確認
  • 個人情報の入力
  • 口座種別の選択
  • NISAの選択
  • 住信SBIネット銀行口座の申込
  • SBI証券Tポイントサービス申込

 

「移住地国の確認」は

日本に住んでいるのであれば

「移住地国は日本のみ」を選択

「個人情報の入力」は

各自で入力をお願いします

 

「口座種別の選択」は

全員「SBI証券に任せる」を選択

 

理由は以下の2つです

  • 確定申告の必要がないこと

会社員であり、給料以外に年間20万円以上の

所得がない場合は「自分で申告する」を選ぶ方が得です

ただ、株で年間20万円以上儲けるのであれば

得を得ることができないからです

 

次にNISAの選択です

NISA口座というのは簡単に言うと

儲かってもある金額まで税金が掛からない口座です

NISA口座を持っていない方は開いた方が良いです

開く場合、「つみたてNISA」と「NISA」を選べますが

投資信託やETFを積み立てていきたい方は「積立NISA」

個別株でトレードをしたいと考えている方は「NISA」を選択

よくわからない場合は後から開設もできるので

「申し込まない」を選択しておきましょう。

次に住信SBIネット銀行口座同時申し込みの選択です

名前にSBIとついていることからもわかる通り

SBI証券のグループ会社で銀行口座を作りますか?

という問いかけになります。

円をドルに変えるときにお得になったり

いろいろ便利なところもありますが

自分の口座が増えたりもするので

個人的には作らなくてもいいと思います

→住信SBIネット銀行を作成するメリットで解説

次に「SBI証券Tポイントサービス申し込み」です

SBI証券ではTポイントを貯めることができるので

Tカードを持っている人は「申し込む」を選択

コメント

タイトルとURLをコピーしました