【定義】お金持ちとは?純資産・年収・貯金額がいくらからお金持ち?

お金持ちの生活調査

お金持ちになりたいな。

 

ん?でもよく考えると,お金持ちって

どのくらいお金を稼いだらお金持ちなんだ?

 

年収1千万円?

貯金が1億円?

不労所得で暮らしていける?

 

一般的にお金持ちって定義されているのかな?

その辺り詳しく知りたいなー。

 

この記事は上記のように,どれくらいお金を持っていればお金持ちと呼べるのかを知りたい人に向けて書いた記事です。

 

本記事の内容
  • お金持ちの定義とは?(純資産,年収,貯金額)
  • お金持ちに近づく方法

 

では,早速本編へGO!!!

 

お金持ちの定義とは?

お金持ちの定義といっても,年収が高い人,貯金が多い人など種類がたくさんあります。

そこで,下に書く3つの観点からどのくらいお金があればお金持ちであるかを決めたいと思います。

  • 純資産
  • 年収
  • 貯金額

 

この3項目について日本人の平均値とその分布を調べて,上位20%に当たる人を「お金持ち」としたいと思います。

では,1つ1つ確認していきましょう。

 

お金持ちの定義(純資産)

野村総合研究所によると,日本の世帯当たりの純資産額は下の図のように分けられるという調査結果がありました。

この結果より,日本では純資産3000万円以下であるマス層の割合が約80%であることがわかります。

すなわち,アッパーマス層以上の人をお金持ちと判断できます。

その場合,お金持ちになるには純資産3000万円以上を準備する必要があります。

現金で貯める場合は,月5万円の貯金では50年も掛かってしまいますね。。

 

お金持ちの定義(年収)

厚生労働省の発行している「平成30年国民生活基礎調査の概要」のデータによると,世帯別の年収は以下の通りです。

年収割合[%]
400万円以下47.2
400-800万円32.1
800-1000万円8.7
1000万円以上12.0
合計100

この結果から世帯年収800万円以下の割合を合計すると約80%となります。

したがって,80%の日本人より年収の高い年収800万円以上の人をお金持ちと判断できます。

ただ,私の家計は共働きであり,世帯年収1000万円をそれなりに超えていますが,お金持ちという実感がありません。

よって,世帯ではなく個人で年収800万円以上あればお金持ちと判断するのが良いかと思います。

年収800万円となると,大企業の部長級に昇進するか,副業等を用いて年収を上げる必要がありますね。。

お金持ちの定義(貯金額)

厚生労働省が発行している平成28年国民生活基礎調査の概要によると,世帯当たりの貯金額は以下の通りです。

貯金額割合
0円14.9
0-100万円8.2
100-500万円23.4
500-1000万円15.2
1000-1500万円8.7
1500万円以上19.8
不明9.8

この結果から貯金額1500万円以下の割合を合計すると約80%となります。

したがって,80%の日本人より貯蓄額の多い貯蓄額1500万円以上の人をお金持ちと判断できます。

 

まとめ

これら「純資産」, 「年収」, 「貯蓄額」の3つの観点から見ると以下の3つの条件を満たしている場合お金持ちであると判断すると良いでしょう。

  • 純資産3000万円以上
  • 個人年収800万円以上
  • 貯蓄額1500万円以上

 

定義を満たすお金持ちに近づく方法

ここまでお金持ちとはどういった条件であるかを考察してきましたが,そんなお金持ちになるにはどうすればいいのかきになるかと思います。

お金持ちに近づく方法は当たり前ですが以下の通りです。

  1. 年収を上げる
  2. お金を貯める
  3. 資産を作る

これら3つの手段について解説した記事を紹介していくので読み進めて,具体的な行動に移してもらえると嬉しいです。

年収を上げる方法は以下の記事を参考にしてください。

お金を貯める方法については下の記事を参考にしてください。

資産を作る方法については以下の記事を参考にしてください。

 

お金持ちです!という条件は結構きついですね。上位20%を3項目達成しようと思うと0.2×0.2×0.2の上位0.8%と計算もできますね・・・笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました